余暇遣い

解説:たこルカ[顔/その1]

このキャラクターをぬいぐるみ化するにあたって難関となる個所は3つあります。
難易度が高い順に並べると
1、前髪
2、足(手?)
3、ヘッドフォン

今回は初回なので比較的簡単な顔(頭)の解説からしていきます。

頭の初期段階の展開図は以下のようになっています。
kaisetu1.jpeg

これで完成形でもいいんですが、顔に縦に何本も入ったダーツが気になります。
kaisetu2.jpg
頭部は着脱が利く設計なので、外している時も見た目に楽しいように
生え際や耳をつくりそこを利用してダーツ分量を逃がしてやります。
kaisetu3.jpg

顎に入ったダーツ分量も同じように逃がしますが、生え際と違って
ダーツの先端ではないところでパターンを分ています。
kaisetu4.jpg
こうすると縫い合わせる同士の長さが違ってしまいますが、これには理由があります。


そろそろ本日分のたこルカ量産タイプの制作に入らなければならないので
理由は次回説明します。
  1. 2009/05/20(水) 00:12:14|
  2. 作品解説:ぬいぐるみ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ