余暇遣い

上井草模型倶楽部2016秋

10月23日、恒例の上井草模型倶楽部に参加してまいりました。
今回は同じ建物で「CPM浅草橋プラモデル展示会」というものも開催されていてたくさん模型を見ることができました。
特に前記イベントは出品数が多く、あまりの質量に酔ってしまったほどです。

201610270137351d6.jpg
私はいつもと同じくぬいぐるみ(そそねこ)です。
過去にひとつ作りましたが手元に無いので、こちらは二体目です。
一体目の時に一緒に生地の裁断まで終わらせていたのでどうにか展示会に持って行けました。

展示に間に合わなかった現在作成中の作品は後日ジョジョのオンリーイベントに出す予定です。
詳細は後ほど。
  1. 2016/10/27(木) 01:43:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上井草模型倶楽部2016春

4月24日、今春も半年に一度の恒例の上井草模型倶楽部に参加しました。

今回はジャッジくんぬいぐるみの展示でした。

奇しくもホクサイを持ち込んだ方がいらしたのでスプラトゥーン祭り状態に。

フェスも行いました。
お題は「入隊するなら? 連邦軍 vs ジオン軍」。

20160427235214816.jpg
僅差で連邦軍が勝利。
やはり、好き嫌いではなく実際に入隊しなければならないとなったら連邦軍のほうが有利だったようです。

さて、半年後は何を出しましょうか。
  1. 2016/04/27(水) 23:57:56|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年を振り返る

あっという間という感じです。
今年は修羅場で2度ほど倒れかけたので
2016年はちゃんとスケジュールを立てて余裕ある暮らしをしていきたいと思います。
毎年言ってる気がしますが、、、

ということで引き続きよろしくお願いいたします。
  1. 2015/12/31(木) 23:10:10|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スプラケット3 終了

記事を書くのが遅くなってしまいました。
11月14日開催のスプラケット3お疲れ様でした。

当日展示作品がゲーム内で試合を判定し結果を出すキャラクター(ジャッジくん)のぬいぐるみだったので
会場内でもゲームで行われるフェスのように提示した2つから好きなほうを投票してもらいました。


第一試合 カレー VS シーフード

201512200225576aa.jpg
カップヌードルからこの2種。
カレー33票、シーフード39票でシーフードの勝利


第二試合 コンソメ VS のり塩

201512200225583b9.jpg
お次はポテトチップスからこの2つのフレーバー。
コンソメ35票、のり塩28票でコンソメの勝利


どちらの試合も一方的にはならず接戦で盛り上がりました。
来場の方にも楽しんで頂けました。
企画を提案してくれたkokumei氏にお礼申し上げます。

次回の展示は来年4月の上井草模型倶楽部にて予定しています。
また開催近くなりましたら告知します。


ちなみにこんな試合も予定していました。
201512200226007eb.jpg
戦がはじまってしまいそうなので中止しました、、、
  1. 2015/12/20(日) 02:32:05|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マジカルミライ2015にてシテヤンヨぬいぐるみ販売

9月4日から6日まで開催予定の 初音ミク マジカルミライ2015の企画展で
株式会社Gift物販ブースが開かれます。

20150807201626d60.jpg 201508072016248c0.jpg
販売アイテムの一つ、リューセイさんデザインのシテヤンヨを立体化した
「シテヤンヨぬいぐるみ」の設計を担当しました。
詳細は

Gift マジカルミライ特設サイト

へどうぞ。
当日お越しの予定の方は是非お立ち寄りください。
イベント後は、9月11日よりGift ONLINE SHOPにて通販の受付が開始されるとのことです。
詳細は上記アドレスまでお願いします。


シテヤンヨぬいぐるみのお話を少々。

はじめにニコニコに発表した動画

の段階では「量産型」と言っておきながら量産することを見越していない設計で
髪飾りや、襟足のパーツは本体に綿をつめた後に状態を見ながら手作業で取り付けていました。
複数の人の手が入る生産ラインでは品質のばらつきがでてしまいます。

今回ありがたいことに商品化のお話を頂けたので、そのあたりの構造を大きく見直しました。
201508072016228a0.jpg

この製品には切った端の処理をしなくてもほつれない生地を使っていませんので
縫い端を全て表から見えない内側へ収める必要があります。

特に髪飾りは足の動きを邪魔しない位置と角度の調整をしつつ
全てミシンで切り端を縫い込むことができる設計を考えるのに苦労しました。

201508072016233d8.jpg
試作も多く作り発表までとても難産となったアイテムです。 お手にとって頂ければ幸いです。
  1. 2015/08/07(金) 20:39:29|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ