余暇遣い

作品解説/ののワさん その2

ゆっくりのほうは延々とパターントレースの地味作業中で
とくに書くこともないので、ののワさんの解説の続きでも。

動画内でも「造形はすごく簡単そう」とコメントをいただいている通り
自分も作る前は「これは難易度2だな」と高をくくっていました。
 通常、クレイモデルを作っているそばからパターンの展開図が頭に
浮かんでくるんですが、これに限ってはすぐに矛盾点が出てきて
手が止まってしまうことが多かったです。


原因はこのアイテムには、図のような微妙に角度の付いたライン(左)と
シャープな直角のライン(右)を出すことが不可欠ですが中に
ふかふかの綿を入れるぬいぐるみではそれらが難しかったからです。
 ただ綿を入れただけでは膨らんでしまうので、どの場所にどんな形の
拡がりを防ぐパーツを入れたらいいのか考えることに多く時間が掛りました。


動画で紹介してるようにモミアゲと後ろ髪は全て形が異なります。
それ自体は型紙が増えるだけで別段むずかしいことはないですが
後ろ髪をある方向から見た場合にデザイン画のこの形

になるように角度を調節するのに手間取りました。
単に別々の形にしたいから別々の形に"した"のではなく
このような理由で別々の形に"なった"わけです。

クレイモデルからのパターントレース技術向上によって
試作からパターンを修正することはほどんど無くなりましたが
リボンだけは本番までに5回ほど作りなおしています。

服飾のパタンナーがズボンの型紙を引く時、一番気をつかって
いるのはベルトループの位置と数と大きさです。
一般の人からみたら気にも留めないようなところが実はイメージを
大きく左右している場所だったりします。


そのベルトループに当たるのがこのアイテムではリボンです。
デザイン画の一見、取って付けたような、ぞんざいな感じを再現するのが
大変でした。 5%刻みで拡大縮小を繰り返してベストな大きさ
を見つけただけあってなかなか良いバランスに仕上がったと思います。

量産型たこルカより数段レベルが高い理由がおわかりいただけたでしょうか。
解説を読んでから再度、動画を見るのも面白いかもしれません。


次回、もしあるならボディーについて。
  1. 2010/01/26(火) 05:15:55|
  2. 作品解説:ぬいぐるみ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ゆっくり霊夢を作っている その5 | ホーム | ゆっくり霊夢を作っている その4>>

コメント

>>味噌汁で顔を(ry
クレイモデルの段階ではもっと左右の違いがはっきりしてたんですが
やはり本番だといろいろ予測通りいかないところが出てくるようです。
  1. 2010/01/26(火) 23:45:00 |
  2. URL |
  3. idutsu Takayasu #sLDFZvLk
  4. [ 編集 ]

味噌汁で顔を(ry

ああぁっ!動画をよく見返してみると、(ポーズによる違いだとばかり思っていたのですが)デザイン画の再現のため、左もみあげ?に30度ぐらいの角度がついてたんですね…。形状の違いは認識していたんですが…甘かったぁ…。
  1. 2010/01/26(火) 14:49:22 |
  2. URL |
  3. kisarage #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yokadukai.blog40.fc2.com/tb.php/75-c451bd91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)